kokari(コカリ)

dialy_autonomic-nerves
自律神経について

Q&A

自律神経の整え方③

鍼灸治療に来ていただく方には色々な症状の方がいらっしゃいますが、「自律神経が整っていたらもっと早くよくなりやすいのに」と感じることが多くあります。

よく「呼吸を深くを心がけましょうね」なんて(偉そうに)お伝えしていますが、今日はそれだけでなく交感神経スイッチがONになりっぱなしでなくなる習慣についてお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 〇ゆっくりお水を飲む

仕事中の休憩中でもお試しくださいね。

「水を飲んで落ち着きなさい」なんて聞きませんか?それです。

お水を飲むことで胃腸を優しく刺激し副交感神経の働きを高めて緊張をほぐしてくれます。また、そのお水が全身を巡って潤ってくれる、毒素をお掃除してくれるなんてイメージしながら飲むのもいいかもしれませんね。イメージも大切です。

 

 

 

 〇ゆっくり呼吸をする

背筋を伸ばして胸を開いて鼻からゆーーーーっくり息を吸って口からゆーーーーっくり息を吐く。胸を開く癖をつけることで呼吸が深くなりやすく副交感神経優位(スイッチオフ)になるべき時になりやすくなります。

 

 

 

 〇力をぬく

ついつい、肩に力が入ってしまっていたり、運転するときにぐっとハンドルを握りしめてしまっていたり、、、文字を書くときのペンを握りしめてしまっていたり。気がついたら「抜く」習慣をつけることで普段から力が抜けやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

とまだまだ自律神経は続きます。

この週末、お花をみながら空を眺めて呼吸をゆっくりしてみましょうね。スマホは控えめにして♡

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (21)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (11)
アロマテラピー (8)
ストレスについて (8)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (55)
不妊治療 (43)
不眠の症状について (8)
健康維持・不定愁訴 (103)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (17)
当院について (12)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (31)
東洋医学の基本 (14)
歯について (2)
生活習慣について (33)
産後のケア (2)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (21)
自律神経について (16)
頭痛 (2)
風邪・インフルエンザ (11)
食事について (15)
kokari開業日記 (3)