kokari(コカリ)

dialy_medicine
お薬について考える

Q&A

漢方にも副作用があります②

漢方の服用についてお伝えしましたが、今回はよくある処方のちょっと小話を☺

風邪には葛根湯、なんてCMの効果でしょうか、よく聞くフレーズですが、葛根湯も要注意です。

風邪のひきはじめ、ちょっとぞくぞくする、なんて時にはぴったり効いていいのですが、

飲み続けたりするとちょっと注意です。

 

 

 

 

 

 

葛根湯には麻黄が入っているのですが、この麻黄の成分の「エフェドリン」というのもが長期服用には適していないんですね。

エフェドリンは自律神経の主に交感神経に作用してからだのスイッチONにしてくれ、気管支を広げて咳の症状を和らげてくれたり、頭をスッキリさせてくれたりします。肩こりに葛根湯というのも血管を拡張させて巡りをよくしてくれるので効いてくれるんですね。

でも、交感神経優位になり続けてしまうとどうしても内臓には負担がかかってきてしまいます。

 

 

 

 

この麻黄は多くの漢方に使用されています。

今の季節だと花粉症に効果のある「小青竜湯」にも含まれていますよ。

 

 

 

 

 

長期服用にはご注意くださいね。

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (18)
お薬について考える (13)
からだのしくみ (11)
アロマテラピー (6)
ストレスについて (6)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (7)
ブログ (54)
不妊治療 (40)
不眠の症状について (7)
健康維持・不定愁訴 (100)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (10)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (13)
当院について (12)
日常のこと (14)
更年期障害 (41)
月経トラブル (31)
東洋医学の基本 (14)
歯について (2)
生活習慣について (31)
産後のケア (1)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (21)
自律神経について (14)
頭痛 (2)
風邪・インフルエンザ (11)
食事について (13)
kokari開業日記 (3)