kokari(コカリ)

diary
ブログ

Q&A

からだも陰陽のバランスが大切

東洋医学には「陰陽論」というのがあります。
ざっくりいうとどちらか片方がなくなると存在できないもの、例えば太陽と月、どちらか片方が欠けると存在できなくなってしまう対になる存在があるという考えです。また、それらはどちらかが強くてもダメで、いいバランスをもって存在していることがいいことです。

 

たとえば男女、男性がいなくても女性がいなくても人類は生まれません、男性ばかりでも女性ばかりでも生まれません。バランスをもってこの地球上に存在しているのです。

 

からだの中も同じです。

陰が多ければ冷えているでしょうし、陽が多ければエネルギー過多になって疲れてしまいます。

 

これから陽の強い「夏」に向かっていきます。陰を補うには眠ることが一番だと思っています。陽の気が旺盛になってもそれに負けないように陰を補っていくことも大切になってきます。陰を補うにはまず質のいい睡眠をとることだと考えています。いつものことですがストレスケアをうまくしてぐっすり眠る、こんな当たり前のことをちゃんとやってあげるととてもいいと思いますよ~。

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (14)
お薬について考える (13)
からだのしくみ (11)
アロマテラピー (4)
ストレスについて (6)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (4)
ブログ (52)
不妊治療 (39)
不眠の症状について (5)
健康維持・不定愁訴 (96)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (7)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (10)
当院について (12)
日常のこと (13)
更年期障害 (39)
月経トラブル (30)
東洋医学の基本 (14)
生活習慣について (28)
産後のケア (1)
皮膚の症状 (1)
美容鍼灸 (16)
自律神経について (12)
頭痛 (2)
風邪・インフルエンザ (11)
食事について (12)
kokari開業日記 (3)