kokari(コカリ)

maintaining
健康維持・不定愁訴

Q&A

胃腸に負担をかけないように

胃腸、東洋医学でいう脾・胃の働きが低下して下向き・上向きのエネルギーの巡りがアンバランスになっているとよくないとお伝えしました。

では、そうなる原因は?ずばりストレスが多いと思います。

ストレスがあると胃に穴があくなんていいますよね。
ストレスで胃を守ってくれる粘膜、粘液が出にくくなるといわれています。

ストレスって怖い・・・ためてるつもりなくてもたまっていたりします。
これが貯金とかだったら大歓迎なんですが(!?)ストレスはいりません。

胃・脾をうまーく使うためにもストレスは関係してきます。

ストレス状態というのは血管が収縮してしまって全身に血液が巡りにくい状態になります。胃・脾にも血液が行かないですね。働きがいまいちのところに食べ物を入れても「もう消化無理だし」ということになって、下げる作用が低下し、逆流性食道炎など逆流してしまうこともありえるわけです。そして、さらにお伝えすると肝臓の「肝」というのが東洋医学ではストレスに関係しておりまして(この肝の働きはまた詳しく)肝もまたストレスがあると下から上にあげるエネルギーを炸裂させて消化不良のお手伝いをしてしまうのです。

ストレスケアについても永遠の課題ではありますが、またお伝えしますね。

東洋医学・西洋医学別のようで似ているところが多い、と感じる機会が多くなりました。

 

 

#安城市#鍼灸#妊活#不妊#アロマテラピー#鍼灸アロマ#美容鍼灸#月経トラブル#更年期#産後トラブル

 

 

ALL
Q&A (21)
お客様の声 (2)
お知らせ (15)
お薬について考える (11)
からだのしくみ (7)
アロマテラピー (4)
ストレスについて (6)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (3)
ブログ (50)
不妊治療 (38)
不眠の症状について (4)
健康維持・不定愁訴 (95)
冷えについて (7)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (6)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (7)
当院について (12)
日常のこと (13)
更年期障害 (35)
月経トラブル (26)
東洋医学の基本 (14)
生活習慣について (26)
産後のケア (1)
皮膚の症状 (1)
美容鍼灸 (16)
自律神経について (6)
頭痛 (1)
風邪・インフルエンザ (11)
食事について (12)
kokari開業日記 (3)