kokari(コカリ)

maintaining
健康維持・不定愁訴

Q&A

食べる量と健康

今日はとてもお天気がいいですね。お天気によって気分って左右されます。梅雨のこの時期、雨でも楽しめるようにしたいものです。

 

早速ですが、私たち人類は何万年の歴史の中で、空腹であるということには慣れてきました。狩りで思うように獲物が取れなかったり、不作だったり、重税で自分たちの食べるものはなかったり、戦争だったり・・・歴史の中で庶民でもこんなに満腹で食べ物を粗末にしているのはここ数十年のお話しではないでしょうか。

 

ということは、私たちは「食べない」ということにはからだは対応できるようになっていると考えます。むしろ食べすぎるということに対しては先祖から頂いたこの遺伝子的にはびっくりでどう対応したらいいのか分からない状態かもしれません。

 

食べ過ぎると胃が消化をしていきます。とりあえず体は食べ物が入ってきたらそのままにはせず、消化を始めます。他の働きはとりあえず止められるものはやめて消化にエネルギー集中です。そのエネルギーがなかったり、食べ過ぎたりしてエネルギーが大量に必要な時、私たちは眠くなりますよね、眠ってエネルギー補給です。

 

ここで眠れたらまだいいです。眠れないと他の機能を低下させてまで消化に働くため、集中力が低下してしまったりするわけです。さらにはホントは動かなきゃいけないけど、こんな状態で妊娠はさせられないとホルモンの働きを適当にしてしまったり・・・そう、食べることひとつ大切なんです。

 

食べ過ぎないようにすることや、楽しんで食事ができるように普段軽めにする日を作ってもいいかもしれませんね。

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (21)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (11)
アロマテラピー (8)
ストレスについて (8)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (55)
不妊治療 (43)
不眠の症状について (8)
健康維持・不定愁訴 (103)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (17)
当院について (12)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (31)
東洋医学の基本 (14)
歯について (2)
生活習慣について (33)
産後のケア (2)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (21)
自律神経について (16)
頭痛 (2)
風邪・インフルエンザ (11)
食事について (15)
kokari開業日記 (3)