kokari(コカリ)

maintaining_meal
食事について

Q&A

ちょこちょこ食いはいいのか?②

ちょこちょこ食いのデメリットである

「血糖値」が何度も上がってしまうということ。

これはどうしてよくないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事で摂った「炭水化物」はからだに入って「ブドウ糖」に変換され、細胞内でエネルギーとして使われます。

血液中になるブドウ糖を脂肪や筋肉などに蓄えたり、血液の中のブドウ糖の取り込みを助けて細胞のエネルギー確保をしてくれるのがインスリンです。

このインスリンは食事をして栄養吸収されて血糖が高くなると出てくれます。

インスリンが少なくなると血糖が上がりっぱなしになってしまうんですね。

(うーん、やっぱりからだはよくできている!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、血糖値が高くなると血管壁のタンパク質が糖と反応して血管の内側に脂質が付きやすくなってしまうそうです。

そう、動脈硬化が起こりやすくなるんです。

動脈硬化が起こると、圧を上げないと血液が巡らないため、血圧も高くなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょこちょこ食いをするとこういった働きを何度もからだがしなければならないわけで・・

負担がかかりやすくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ちょこちょこ食いの方がからだに合っているかたはいらっしゃると思うんです。

この時に食事の仕方を工夫することでこの血糖が上がっても緩やかに上げられるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間食の時、ナッツ類など糖の少ないものを頂く

食事の時に、サラダ・汁物から頂き、お肉などのタンパク質、最後に炭水化物にするようにする

これで食事の時も急激な血糖の上昇を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもと同じことになってしまいますが、

自分のからだのクセを知って、調子のいい方法を見つけて健康を維持できるといいですよ。

 

 

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (30)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (17)
アロマテラピー (9)
ストレスについて (9)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (62)
不妊治療 (51)
不眠の症状について (13)
健康維持・不定愁訴 (112)
健康診断 (3)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (23)
当院について (15)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (34)
東洋医学の基本 (24)
歯について (2)
生活習慣について (36)
産後のケア (3)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (25)
自律神経について (17)
頭痛 (3)
風邪・インフルエンザ (14)
食事について (17)
kokari開業日記 (3)