kokari(コカリ)

diary_orientalmedicine
東洋医学の基本

Q&A

どうして病気になるの?

土曜に台風の影響でお休みを頂き、そこから月曜の祝日も含めて4連休もいただいてしまいました。

土曜の午前から午後にかけてはそんなに雨風も家の中では感じず、「休んでよかったのかしら」

なんて考えてしまう社畜体質でございます。

とはいえ、のんびりゆっくり土曜日を過ごしておりましたが。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ病気になるのか?

きっと世界の学者さんたちが遺伝子的なもの細胞(よくわかりませんが)色々研究されていると思います。

なんですが、東洋医学的な考え方、ご理解いただいて、生活で気を付けるなにかのヒントになれば・・

 

 

 

 

 

 

正気(せいき)と邪気(じゃき)

正気とは簡単に病気にならないような力

病気になったとき、ケガをしたときに治ろうとする力

これが正気です。

 

 

邪気とはからだを悪くする原因です。

西洋医学的なウイルスや細菌もですし、以前にお伝えした風邪・湿邪・暑邪・寒邪・燥邪・火邪

もそうですね。

 

 

 

 

 

 

この正気を高め、助けることを「扶正(ふせい)」といい、鍼灸治療でもこれを高めることを意識しております。

正気が弱まってしまう原因として

・ストレス

・睡眠不足

・食べ過ぎなど胃腸への負担

・運動不足

など、私たちが意識している「これダメよね」ってこと多く当てはまってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正気を弱めず、邪気を撃退できる力、これからの風邪の時期にも大切です。

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (30)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (17)
アロマテラピー (9)
ストレスについて (9)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (62)
不妊治療 (51)
不眠の症状について (13)
健康維持・不定愁訴 (112)
健康診断 (3)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (23)
当院について (15)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (34)
東洋医学の基本 (24)
歯について (2)
生活習慣について (36)
産後のケア (3)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (25)
自律神経について (17)
頭痛 (3)
風邪・インフルエンザ (14)
食事について (17)
kokari開業日記 (3)