ご予約

のどの痛みにこのツボ

☆当院のウイルス対策はこちらから→

☆経済産業省・厚生労働省まとめのコロナ対策を参考にしています→

 

 

今日から仕事始め、という何ともうらやましい方も多いと思います。

長いお休みの後、いつもの生活に戻すのはちょっとパワーがいるかもですが、

始まってしまえば楽しいものですよね、今週はからだを少し休めながらいきましょうね~。

 

 

 

私は朝、夕食の準備をして出かけてくるのですが、(あとは常備菜だより)

今日はおでんにしたら、今日は暖かいって・・ふんっ、な感じでございます。笑

 

 

 

急に寒かったり、ちょっと暖かかったりで、コロナウイルスの流行がなくとも風邪をひきやすい時期だと思います。

風邪は寝ていたら、自己免疫が頑張ってくれて治るものですが、

(今は急性期にお薬を処方しない先生も多いですよね)

残りやすいのがのどの痛みと、咳。

今回はコロナの感染でのどの痛みが残る、とよく耳にするので、

のどの痛みに効果が期待できるツボをご紹介しますね。

 

 

 

 

【合谷】ごうこく

超有名なツボです。

手の甲で親指と人差し指の付け根

どちらかというと人差し指に向けて押して心地よい感じのするところです。

 

 

 

【陽谿】ようけい

手の甲で、親指の付け根、親指を広げた時に出てくる筋のくぼみ

 

 

 

【中渚】ちゅうしょ

手の甲で薬指と小指の骨の間

 

 

 

 

症状によっては、のどのあたりにお灸をすることも私はありますが、

手のツボはお灸もツボ押しもしやすいのでお試しくださいね。

風邪もインフルエンザもコロナも、とりあえず安静にゆっくりしてくださいね。

からだの「休め」のサインかもしれませんよ~。