kokari(コカリ)

diary_orientalmedicine
東洋医学の基本

Q&A

ふないがいいん(不内外因)とは②

気候などによる外因でもなく、感情による内因でもない病因となる不内外因についてです。

その前に外因、内因について。

 

そして、内因の続きです。

 

 

 

驚くと気が乱れます。

あまりに驚くと腎が変調してしまい気が動転してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

思う、考えすぎると脾が弱ります。

動悸・不眠・食欲不振などの症状が出てしまうこともありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで感情が臓腑に影響を与えることについてかる~くお伝えしましたが、

実際、患者さんと接していると心や肝が影響を受けていることが多いと感じます。

動悸や不眠は心の影響ですし、イライラや落ち込みなどは肝が影響を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ようやく本題の不内外因についてです。

働きすぎ

食べ過ぎ

ケガ

などがあげられます。

 

 

 

仕事(もちろん家事も!)・遊び・勉強もしすぎると気・血を消耗してしまい、精神もからだも

エネルギーがなくなってしまいます。

 

 

考えすぎ・悩みすぎもいけません。

(分かってはいるけれど、やめられることではないことも分かっていますが・・)

心に影響し、不眠・動悸・食欲不振・下痢などの症状が出てしまうこともあります。

 

 

食べ過ぎは胃腸(脾胃)にh負担がかかりますので

消化不良・下痢・便秘などの症状が出てしまうことも。

 

 

 

 

 

 

何事もやりすぎを続けることはいけないんです。

でも、ちょっとがんばりたい、遊びたいときのパワーは持っていて欲しいなと思います。

人生楽しまなければソン、損ですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療でこういった影響を受けてしまった臓腑を整えていきます。

でも、生活習慣も少しづつ、できる範囲で変えていきましょうね

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (30)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (17)
アロマテラピー (9)
ストレスについて (9)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (62)
不妊治療 (51)
不眠の症状について (13)
健康維持・不定愁訴 (112)
健康診断 (3)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (23)
当院について (15)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (34)
東洋医学の基本 (24)
歯について (2)
生活習慣について (36)
産後のケア (3)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (25)
自律神経について (17)
頭痛 (3)
風邪・インフルエンザ (14)
食事について (17)
kokari開業日記 (3)