kokari(コカリ)

infertility_bodystructure
からだのしくみ

Q&A

多嚢胞性卵胞症候群とは②

来月の今頃は新しい元号が決まっていますね。

今、一番私がなりたいもの、「官房長官」です。

小渕さんが「平成」って出したように私もやりたーい!←絶対無理

 

 

 

 

と、戻りまして、多嚢胞性卵胞症候群とは卵巣の中に小さな卵胞がたくさん育ち、大きく育たないので排卵しなかったり、排卵しても妊娠しにくかったり、妊娠の維持がしにくかったり・・というところまででしたが、そればなぜなんでしょうか?

 

 

 

 

黄体機能不全のところでもお伝えしましたが、

LHというものはがなぜかたくさん出ているんです。

視床下部から下垂体というところに「LH」を出しなさいよ、という指令を出すのですが、それに過剰反応してとってもたくさんのLHが出てしまう。そして、FSHという卵胞を育てる働きのものは通常営業なわけで、普通にせっせとFSHさんが卵胞を作ってるだけなのでまだまだ完成していないのに

大量のLHが「排卵するぞー」、と来ているわけです。

FSH「小さな子(卵胞)しかできてないけど・・・」

みたいな感じだそうです。

 

 

 

 

 

ホルモンの測定でもわかりますし、GnRH負荷試験といって「視床下部から下垂体にお薬で刺激をして測定する検査でも、少しの刺激でLHがどばっと出てしまう」という結果などでも分かってきます。

 

 

 

 

〇月経異常(無月経・希発月経・無排卵周期証)のいずれか

〇多嚢胞卵巣所見(小さな卵胞がいくつもあるエコー所見)

〇血中男性ホルモンが高い、LHが高い

 

というのが判断基準になります。男性ホルモン値が高いというのはまた触れていきますね。

 

 

 

 

 

前回も触れていきましたが、多嚢胞性卵胞の方は多くいらっしゃいますが、鍼灸治療に通っていただいた方では多く妊娠に至っています。病院ではどんな治療をするのか、それはまた次回!

 

ALL
Q&A (22)
お客様の声 (2)
お知らせ (30)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (17)
アロマテラピー (9)
ストレスについて (9)
ダイエット (1)
ツボ養生・お灸 (8)
ブログ (62)
不妊治療 (51)
不眠の症状について (13)
健康維持・不定愁訴 (112)
健康診断 (3)
冷えについて (8)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (23)
当院について (15)
日常のこと (15)
更年期障害 (41)
月経トラブル (34)
東洋医学の基本 (24)
歯について (2)
生活習慣について (36)
産後のケア (3)
皮膚の症状 (2)
美容鍼灸 (25)
自律神経について (17)
頭痛 (3)
風邪・インフルエンザ (14)
食事について (17)
kokari開業日記 (3)