kokari(コカリ)

maintaining_lifestyle_stress
ストレスについて

Q&A

感情の起伏と病気

病気になること、これは他人事ではないですよね。

感情が偏ることで病気になる

と「黄帝内経」で言っています。

以前にご紹介したことがあるのですが、「陰陽五行論」という考えから

内因が(感情)がからだに影響してしまうということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

内因とは、病気の原因になるものの一つで

〇外因(寒い・暑い・湿気が多いなどの環境による原因)

〇内因(怒る・喜ぶ・不安になるなど感情による原因)

〇不内外因(外因・内因どちらでもないものでストレス・働きすぎ・食べ過ぎなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この内因がからだに影響するということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情によって乱れてしまった五臓のバランスが病気になるという考えですね。

適度なストレスは大切だと言われていますので大きく感情が乱れたり、長い時間乱れなければいいと思います。

風邪をひいたとき、膀胱炎になったときなどちょっと体調が崩れたとき、その前にストレスがあった

ということ、よく聞きます。

上手に感情もコントロールするのが大切ですね。

もう少しで年末年始の休暇です。

ここで少しリフレッシュできますよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ALL
Q&A (23)
お客様の声 (2)
お知らせ (32)
お薬について考える (14)
からだのしくみ (18)
アロマテラピー (11)
ストレスについて (11)
ダイエット (2)
ツボ養生・お灸 (9)
ブログ (64)
不妊治療 (54)
不眠の症状について (15)
健康維持・不定愁訴 (115)
健康診断 (3)
冷えについて (10)
四十肩・五十肩・肩・腰の症状 (11)
妊活とツボ養生 (1)
季節の養生法 (27)
当院について (15)
日常のこと (17)
更年期障害 (41)
月経トラブル (35)
東洋医学の基本 (24)
歯について (2)
生活習慣について (36)
産後のケア (4)
皮膚の症状 (4)
美容鍼灸 (25)
自律神経について (21)
頭痛 (3)
風邪・インフルエンザ (16)
食事について (20)
kokari開業日記 (3)