ご予約

インフルエンザにも漢方

ちょっとづつではありますが、冬の足音が聞こえてきて、風邪をひいたりされる方も多くなってきていますね。

インフルエンザが流行っている地域もあるとか。このところは春先までインフルエンザに罹る方がいらっしゃいますものね。

 

 

 

 

そんなインフルエンザの特効薬といえばタミフル。

そして、漢方ではインフルエンザには麻黄湯です。

 

 

 

 

この麻黄湯、中国の医学書「傷寒論」というものに基づいた処方で

「熱が高く、汗がでず、関節が痛み苦しみ、悪寒がひどいもの」に出される処方です。

(インフルエンザでも汗をかきかきしているものでは麻黄湯の成分の調節が必要になります)

 

有名な葛根湯も傷寒論の処方なんですよ~。

こちらは、鼻水がまださらさらしていて、寒気がするくらいの時の処方です。

 

 

 

 

 

 

インフルエンザに麻黄湯でよく効いたという事例もあるのですが、なんだかゆっくりしか効果のないようなイメージで西洋薬の効果には劣る感じがするようでなかなか浸透しませんね。

 

 

 

 

 

西洋のお薬は症状に対して即効性の効果を出してくれます。痛みをブロックしてくれたり、菌を殺してくれたり、熱を下げてくれたり。

それに対して東洋の漢方はからだの調節をしてからだが熱を下げるようにしたり、自分の治癒力で回復をめざします。からだに負担がすくないのは後者だと思いますが、現代の忙しい世の中には西洋薬も必要不可欠なのかもしれません。

 

 

 

 

 

インフルエンザには麻黄湯、これ、あたまの片隅にいれておいてくださいね。薬局でも病院でも置いてあることがほとんどですよ~。

でも、インフルエンザになったら感染させないよう、そして自分のからだを守るため、自宅で療養してくださいね。